Ghana vol.8 「 世界最大の人造湖 」

 ガーナでの滞在を、もう少し彩る為に、世界最大の人造湖である「 ボルタ湖 」に行ってみる事にした。 もっとも、行くまでは相当腰も重く、その場に連れが居なかったら恐らく行くことはないであろう地ではある、、、

 アクラから乗り合いのバンに乗る事、約2時間。 途中、信じられないようなくらい出来の良い高速道路を走っていった。

 ちなみに、ここではちゃんと料金所もあって、ちゃんとお金を集めているのだっ!



 車窓から見える風景と言えば、特に変わったことはなく、いつのも灌木の生い茂るだけのつまらないものではあった。 ただ、いつの頃からか現れた電線が、きっとボルタ湖にある水力発電所に通じているんだろうな、、、と思っていたくらいだ。



 何故か一人でも、人が集まっていても、出来るだけお金を節約する、、、 もしくは、ちょっと無理をする。 もしくは、「 行けるよ 行けるよっ 」と強気になるのが、個人旅行者たちの性だ。 というわけで、地元の人が「 タクシーに乗っていけっ 」と言ったのを放っといて、バス乗り場から湖まで歩いて行く事にしたのだった、、、



 しかし、まるでジャングルを切り開いたかのようなその道路は、緑が多い事を除けば良い事は何もなかった。 なだらかな坂道を延々と登って行くのだが、如何せん蒸し暑い。 汗が止めどなく流れてくる。

 もちろん「 そこまで遠くはないだろう? 」という希望的観測に基づいて歩いてるのだから、飲み物なんぞ誰も持っていない。 端から見たら、どうしよもない無謀な者の集団かもしれない。

 少し高台に出た。 湖のような何かが微かに見える。 しかし、本当の湖はもっと先である為に、そんな小さな水溜まりには誰も用は無いようだった。



a0086274_22535396.jpg 結局、途中で車に小銭を払って乗せてもらい。 やって来たのは、フェリー乗り場だった。

 日曜日である今日は、湖を行くクルーズ・ツアーがあるのだが、もちろんそれには間に合う筈はない。 辺りには、その乗客の物であろうと思われる車がたくさん停まっていた。 飲み物さえも売っていないこの場所で、何故か意味不明なお土産物屋だけはあるから不思議だ。 しかも、湖とは全く関係のないビーズ細工や鉄の置物ばかり、、、



 更に先へと進むと、ボルタ湖の北と南を繋ぐ客船の乗り場へと辿り着いた。 しかし、別に営業しているわけでないので、面白い何かが見れる訳ではないのだった、、、

 辺りにいる人に尋ねると、その先には休憩出来るレストランのようなバーのような場所があると聞いたので、とにかくそこまで行くことにした。 ボルタ湖の畔にあるそのレストラン兼バーで、やっとのこと少し休憩出来た。 皆で冷たいジュースやら、ビールやらを乾杯して、しばらくしてから湖ある畔へと行った。 そして、気が付いた、、、



a0086274_22541355.jpg 世界最大の人造湖だからといって、その全景を眺める事が出来るわけではないのである。 僕として、その畔に立った時にはこう バ~ッン っと、大きな湖が見れるものばかりと思っていた、、、 そう思っていただけに、何だか寂しくもあり、苦笑いも止まらず、そして一気に疲れが体に来た感じだった。

 それに、世界最大の人造湖とはいえ、その全てが 人造 な筈はないのである。 それに気付いたのは、その人造湖を目にした時だったから勘違いも甚だしい。

 まあ、これで、僕は「 世界最大の人造湖を見た事があるんだぞっ! 」という事にはなるか。






Copyright (C)  HITOSHI KITAMURA All Rights Reserved.

[PR]
by hitoshi280477 | 2006-03-02 08:59 | Ghana
<< Ghana vol.9 「 野... Ghana vol.7 「 ビ... >>