Mexico vol.3 「 大興奮のルチャ・リブレ  」

a0086274_10585928.jpg
 ルチャ・リブレ それはメキシコ流プロレスである。 

 以前、メキシコを旅した人に会ったことがある。

 その人の語るルチャ・リブレへの熱い想いと、興奮を忘れることが出来なかった僕はここにこうしてそのルチャ・リブレを見に来ていた。




a0086274_103121.jpg 「 Arena Mexico 」という会場の周りには試合開始にはまだ2時間くらいあるにも関わらず、既にダフ屋に、マスク売りの露店に、屋台に、観客でごった返していた。  その人気ぶりが伺えるというのものだ、、、

 日本でもプロレス観戦をしたことのないので、会場に一歩足を踏み入れたその時から既に興奮していた。 会場内はTVのスクリーンを通して見るそれと何ら変わることは無いにしろ、その雰囲気だけは別格だった。

 試合開始が近づくにつれ、観客席が埋まっていくのがわかった。 そして、観客のざわめきが大きくなっていった頃、選手入場となった。 大歓声の中、リングへと続く花道を選手が美女に先導されて登場してくる。 会場内のざわめきはほんのさっきまでのそれとは比べ物にならないほど大きくなっていた。 選手6人が全員入場し終わったところで、試合開始になるわけなのだが、、、





 (0_0;) 「 えっ、、もう始まってるの? 」



 話によるとルチャ・リブレは結構エンターテイメント色が強いらしく、悪と正義がはっきりと別れているらしかった。 そして、悪は「 私、悪です 」といわんばかりのコスチュームに身を包み、大概先に手を出すらしい。 試合開始のゴング?もあるんだか、無いんだかのまま、悪が正義をメタメタにすることで試合は始まるらしい、、、





 空中戦が多いと言われるルチャ・リブレ、それは正にその通りで少しでもチャンスがあればロープの上から飛ぶわ、場外へと飛び込むわで会場は大騒ぎ。 更に場外でも観客の上に敵を投げつけるし、リングの上では一体誰と誰が戦っているんだかわからなくなるほど入り乱れることもしばしば。

 観客が興奮しないわけがない!

 更に選手も悪も正義も関係なく見せ場を心得ているらしく、雄叫びをあげたり、得意のポーズを決めて見せたり、、、 会場は終始大興奮なのだった。

a0086274_1032321.jpg




 試合は全部で5試合くらいあって、最後はいよいよ主役たちの登場となった。



 試合が終わりに近づくにつれ、観客にもやや見疲れが出てきた頃だったが、主役たちの登場で会場は今までにない盛り上がりを見せた。 何せ、悪代表と正義代表の闘いなのだ。 盛り上がらないわけが無い。

 主役たち、どの選手も人気もののようだったが、とりわけ人気だったのが El Santo ( 聖 ) 。

 お爺さんだか、お父さんがこのルチャ・リブレの世界では英雄だったらしく、その子供の彼もまた英雄視されている感があった。



 今度の「 悪 」は本物のようだった。 徹底的に悪だった。 卑怯な手こそ使っている様子はないものの、試合開始早々、正義をメタメタにしていた。 レフリーも手を出すことが出来ないくらいの勢いで一通り暴れまわった頃には、、、 一本目は悪のものになっていた。 ( ←どの試合も3本勝負の様子 )

 そして、一本目の興奮冷め止む間もなく、怒濤の二本目が始まった。

 今度はやや正義がもちなおした。 リングの上と外で6人の選手が目紛しく動き回るもんだから、どこに注目してよいのかわからずただ歓声の上がるほうを目で追いかけるのが精一杯になっている頃、正義の一人が大技で悪から3カウント取って試合は一対一の引き分けに、、、





 三本目こそ大混乱だった。

 流れは二本目のままかと思いきや、悪が再び盛り返してきて、正義はタジタジになってしまったのである。 観客の Santo 率いる正義チームへの熱い声援も虚しく、又、僕の( 結局は正義が勝つんでしょ )という思惑とは裏腹に、、、 何と、「 悪 」に軍配が上がってしまったのである。

 悪の勝利の雄叫びが上がる。 どうやら悪に味方する観客もそれなりに多いらしく、それはそれで盛り上がっていた。 





a0086274_1033846.jpg すっきりしたような、しないような気持ちで会場を後にする。

 僕はきっと最後には正義が勝つと信じていたからだ。 ふと、ぷっと笑ってしまった。 最初は本気で見れていなかった僕がいたことは間違いないのに、試合が進むに連れていつの間にかルチャ・リブレに本気で魅了されていたのだ。

 どことなく試合展開が前もって決められた感があるのは否めないものの、大人にも子供にも愛されているルチャ・リブレ。

 いつしか僕もそれを本気で観る人たちの一人に成り得ていたようだった、、、 気がする。





注:会場内では写真撮影は禁止されています。 もし隠れて撮ろうものなら、警備員に捕まります。 体験談。






Copyright (C)  HITOSHI KITAMURA All Rights Reserved.

[PR]
by hitoshi280477 | 2004-09-03 05:27 | Mexico
<< Mexico vol.4 「 ... Mexico vol.2 「 ... >>