Alaska vol.2 「 Denali National Park デナリ国立公園 」


a0086274_17233948.jpg
目指す目的地は、基点となるアンカレッジより400kmの距離、言うなればアラスカ州のど真ん中だ。

車を借りて行くことも出来るのだが、向こうでの滞在のほとんどをキャンプして過ごすのだから、、、

そこで選んだのは、バス! 往復で、、、$160! (約18000円) まぁ、距離があるからね。

a0086274_17241069.jpg
早朝の大都会アンカレッジを出発して、バスは一路北上していく、、、 辺りに人工の建造物の姿は無くなっていく。

ずっと天候が気になっていたのだが、残念ながら今のところは、、、 曇り。 しかも、ちょっと雨!

見たこともないような黄葉と真っ赤に染まった大地、、、 その間を縫うようにバスはひた走る。


a0086274_17242558.jpg
「 Denali National Park デナリ国立公園 」 今回の旅の目的は、ここにある。 アラスカの大自然を満喫しようってこと!

ここデナリ国立公園の面積は、24,585 km²、、、 日本でいうと、なんと四国よりも大きいのだ!

ちなみに、以前はマッキンリー国立公園(=当時の大統領に因んで)と呼ばれていたが、今では現地名「 デナリ 」だ。

a0086274_17244036.jpg
アラスカを南北に縦断する列車、アラスカ鉄道。 観光列車として人気が高い。 が、値段も高い!

実際、アンカレッジからここデナリまで乗るつもりで来たのだが、諸々のスケジュールを考えて却下。

公園内を移動中に踏み切りで遭遇したので、車両の数を数えてみると、、、 30くらい!?

a0086274_1724559.jpg
今日のところは、園内入り口付近にあるキャンプサイトで寝ることに。

「 RV park 」と呼ばれていて、そこにはたくさんのキャンピングカーが停まっている。

予約が RV park になっていたようだが、受付の兄ちゃんが walk in 扱いしてくれたので、$12?

a0086274_17251595.jpg
これが噂の「 Food Storage 」、いわゆる熊除けの食物倉庫だ。

これの中に、食べ物からシャンプー、歯磨き粉、、、 果ては匂いの付いた衣類までも入れる?

キャンプ場の受付で、この辺りで熊が徘徊している写真を見せられるので、その辺は忠実に守る。

a0086274_17254335.jpg
テントを購入してから、早や二ヶ月、、、 やっと出番がきた! 初お披露目である。

現代のテントは最高・最新技術を駆使して出来ているので、この大きさのテントも一人で簡単に張れる♪

しっかし、季節は秋に差し掛かったばかりだが、寒い、、、 寝袋だけでは足りず、たくさん服を着て寝ることに、、、





Copyright (C)  HITOSHI KITAMURA All Rights Reserved.

[PR]
by hitoshi280477 | 2008-09-02 17:21 | Alaska
<< Alaska vol.3 「 ... Alaska vol.1 「 ... >>