カテゴリ:Zambia( 3 )

「 Zambia ザンビア@東アフリカ 」


[PR]
by hitoshi280477 | 2007-07-20 12:20 | Zambia

Zambia vol.2 「 ばっぱ~? リビングストンの宿泊先 」


a0086274_1412137.jpg
ビクトリアの滝観光の基点になるザンビア側の街、リビングストン。

最近の旅行者曰く「 ばっぱ~ 」なるところに宿泊した。 有名な「 Jolly Boys 」だ。

ちなみに、「 ばっぱ~ 」というのは、「 Backpakers 」という名の宿屋連の通称らしい、、、 


a0086274_14122090.jpg
大きな敷地を持つこの宿は、この辺りを旅する人のほとんどが泊まる人気宿。

どうやら白人経営なのだろう、かなり管理が行き届いていて、清潔+快適!

そして、何がどうって、その設備とサービス! およそアフリカの宿とはかけ離れすぎている、、、


a0086274_14122482.jpg
なんと庭にはプールが! しかも、プールサイドにはビーチサイドベンチまである!


a0086274_14122926.jpg
共有の団欒スペースはこんな感じだし、、、 しかも、木造なのに二階建て!


a0086274_14123317.jpg
大きなキッチンもあって、ちゃんと冷蔵庫もあるのだ! もちろん使い放題です!


a0086274_14123710.jpg
テントを持って、自転車で回る旅行者にもちゃんと居場所はあるし、、、


a0086274_14124070.jpg
いろいろと至れり尽くせり(アフリカ内にしては)で、清潔+快適、、、 いい宿!

ビクトリア滝までも行きはこんなトラックで送ってくれました♪ 11kmの道のりなんです。

それに、地元アフリカ人=黒人スタッフも全員統一されたスタッフTシャツ着用! 驚!


この宿について、何よりも特筆すべきは「 VISA+宿泊パッケージ・セット 」だろう。

これは旅友に以前から聞いていて、自分で電話予約したのだが、かなりのメリットがある。

このパッケージを申し込むことによって、国境越え~宿までの面倒が全て片付くのだ。


通常のザンビアのVISA代$25が、団体VISAということで無料になるのを始め、

国境からのピックアップ、宿代2泊(ドミ)、食事券x2、ドリンク券x1などが含まれている。

これら全部を含めて、結局VISA代と同じ金額程度で済むというなんとも経済的なパッケージなのです!


というわけで、なんともハイレベルな「 ばっぱ~ 」でした。 今までの宿のように、

お金=支払い、従業員、部屋+トイレの清潔さ、断水、お湯、鍵、ゴミ、ダニ、ゴキブリ、、、 そして、泥棒!

そんなことを心配しなくていいのだから! って、今までが異常なのかもしれんが、、、





Copyright (C)  HITOSHI KITAMURA All Rights Reserved.

[PR]
by hitoshi280477 | 2007-04-03 14:10 | Zambia

Zambia vol.1 「 世界三大瀑布 - Victoria Falls 」


a0086274_1123194.jpg「 Victoria Falls ビクトリア・フォールズ 」

南米、アルゼンチン=ブラジル間のイグアスの滝。

北米、アメリカ=カナダ間のナイアガラの滝。

「 世界三大瀑布 」と呼ばれるうち、最後に訪れたのが、

アフリカ、ジンバブウェ=ザンビア間にあるビクトリアの滝。

a0086274_1123644.jpg
西洋社会では探検家デイヴィッド・リヴィングストンが、

初めてこの滝を見たということになっている。

そして、(いつも通りに)英国女王の名前を、、、 1855年。

というわけで、アフリカのど真ん中にそんな滝が誕生。

ちなみに、この人はスコットランドの宣教師であり、ヨーロッパ人で初めて、

当時「暗黒大陸」と呼ばれていたアフリカ大陸を横断した探検家である。


a0086274_11231377.jpg
密林の中から見え出した滝の姿は、およそ自然の驚異を感じさせられる。

落雷のような轟音と伴に、他のどの滝をも圧倒的に凌駕するほどの水量!

こんな密林の奥に、まっ平らな大地に、大きな空の下に、この滝の存在、、、


a0086274_11232192.jpg
「 Mosi-Oa-Tunya モシ・オ・トゥニャ 」 地元コロロの言葉で「 雷鳴の轟く水煙 」。

実際、数キロ離れたところからでも、水煙が空に立ち上る様子は見える。

大地から湧き上がる水煙を見て、人々はその名を付けたことだろう、、、 って、そのまんま!?


a0086274_11232876.jpg
雨季のこの時期、滝の水量は尋常ではない。 世界最大規模の滝といわれる所以だ。

もちろん水しぶきもすごいのだが、、、 何がすごいってこんな中、橋を渡れと?

地形が奇妙なので、離れ小島がいくつもあるような感じになっている。 危なっ! 


a0086274_11233534.jpg
まるで嵐のような水しぶき(=ほとんど雨)の中、はしゃいでいたら、こんな結果に。

かなりの防水性を誇るGORE-TEXのジャケットもあまり意味を成さない、、、

一番のお勧めは、水着と濡れても大丈夫な格好! 結局、濡れることになるのだから!


a0086274_11233957.jpg
ちなみに、滝を形成するザンベジ川ではラフティングやバンジージャンプなどもある。

特に、あれだけの水量の中でのラフティングは人気が高いらしい。 欧米人に大人気。

バンジージャンプも国境間に架かる橋から飛び降りるという一風変わったもの。


a0086274_11234515.jpg
ちなみに、このビクトリアの滝を知るキーワードとしては、、、

1億5千年前の火山活動、地震による地殻変動による形の形成。

一番最初の滝は今と異なる下流約100kmにあったそうな。

50km先からでもその水煙を目にすることが出来るとか

雨季は3~5月、乾季は9~12月。

乾季のときの滝の大きさは、雨季のピーク時のなんとたった4%だけ!

滝の幅、1700m。 ナイアガラの滝、998m。

高さは、108m。 エンジェル・フォール、807 / 978m。

下流の川幅の狭い所(60m)では、時速40kmで水が流れる!

とのことで~す。 なんともすごい滝ですな。

ちなみに、今までみたどの滝よりも規模は大きかったと思われる。

自然のあるがままの姿に超感動、、、 畏敬の念が湧いてきます。





Copyright (C)  HITOSHI KITAMURA All Rights Reserved.



[PR]
by hitoshi280477 | 2007-04-02 00:05 | Zambia