<   2006年 11月 ( 38 )   > この月の画像一覧

CUBA


[PR]
by hitoshi280477 | 2006-11-23 09:06 | Cuba

Canada


a0086274_8491095.jpg

自然の雄大さに魅了されること間違いなし、、、

Canada カナダ@北米編

2006年9~11月の旅話。




[PR]
by hitoshi280477 | 2006-11-22 08:43 | Canada

USA


a0086274_802767.jpg

「 this is america~♪ wow! 」

USA アメリカ@北米編

2006年9~11月の旅話。


USA vol.1 Coming to USA
USA vol.2 Hollywood
USA vol.3 Santa Monica
USA vol.4 MLB- Seattle Mariners
USA vol.5 Rainy Day in Seattle
USA vol.6 Welcome to Las Vegas !
USA vol.7 Grand Circle - Sedona
USA vol.8 Grand Circle - Monument Valley
USA vol.9 Grand Circle - Bryce Canyon
USA vol.10 Grand Circle - Zion

USA vol.11 Missing Grand Canyon
USA vol.12 Chicago - My American Sports Hero
USA vol.13 Chicago - the Architechture
USA vol.14 Chicago - BLUES
USA vol.15 Washington DC
USA vol.16 NYC - Coming to NY !!
USA vol.17 NYC - Lower Manhattan
USA vol.18 NYC - Let's Go, Yankees !!
USA vol.19 NYC - Central Park
USA vol.20 NYC - Metropolitan Museum of Art

USA vol.21 NYC - MoMA
USA vol.22 NYC - SOHO/China Town/Little Italy
USA vol.23 NYC - Mid Town 1
USA vol.24 NYC - Mid Town 2
USA vol.25 NYC - Broadwey
USA vol.26 NYC - Jazz in Harlem
USA vol.27 NYC - Days in NYC...
USA vol.28 NYC - I Love New York
USA vol.29 Boston - What's in Boston?
USA vol.30 「 I'm leaving on a jetplane ... 」

USA 「 9.11 」



[PR]
by hitoshi280477 | 2006-11-21 07:49 | USA

=== ひと === vol.23 「 嬉しいのっ! 」

a0086274_8293595.jpg


そろそろ季節は暖かくなる筈、、、

そう思っていたのに、

今朝はしとしと雨が降っていて、

気温も肌をつんざく程だった。


「 晴れていれば、街の景観はきっといいのだろう、、、 」

そんなことを思いつつ、

コーヒーをすすっていた、、、


睡魔が襲う中で、

深夜の空港での一悶着を思い出し、

そのお陰で今度は嫌気もさしてきた、、、


そんな時、彼女がやって来た。

何がそんなに嬉しいのか、

はち切れんばかりの笑顔だった。


こちらも嬉しくなる程の素敵な笑顔だった。


ニュージーランド、クライストチャーチ。  2005年11月。
[PR]
by hitoshi280477 | 2006-11-20 08:37 | === ひと ===

=== ひと === vol.22 「 it's my job !! 」

a0086274_8123060.jpg


溢れんばかりのサイクル・リクシャーで街はごった返している。

右を見ても、左を見ても。

時には洪水のように、、、


たまに起こる交通渋滞も、

実はこのサイクル・リクシャーが原因だったりする。


「 俺の写真を撮れっ 」

そう要求してくる男がいた。

街の十字路で棒っきれを振り回している。

そして、バンバンとサイクル・リクシャーを叩いている。


後で写真を見てみて思った。

なるほど、、、

これが男の「 仕事 」であり、「 男の仕事 」なのだ。


バングラディッシュ、ダッカ。  2003年3月。
[PR]
by hitoshi280477 | 2006-11-20 08:12 | === ひと ===

北米編の紹介

USA 2006年9~11月 全30話

Canada 2006年9~10月 全5話
[PR]
by hitoshi280477 | 2006-11-20 05:38 | @北米

CUBA - vol.9 キューバあれこれ 「 日常 」




a0086274_2322544.jpg社会主義とはいえ、

ある程度の仕事をすれば、

ある程度の収入がある。

そして、ある程度のことがそのお金で出来る。

ピザ屋さんとお菓子屋さん。


a0086274_23231076.jpg
初めて見た時にはかなり不可解な光景だったが、後で気が付いたことは、、、

みんなヒッチハイクをしているということ。 というのも、バスの路線は限られているし、

お金もかかるからだ。 これは郊外の幹線道路でも同じ、、、


a0086274_23241385.jpgこんな乗り物もある。

これが街中でたまに見かけるサイクルリクシャーならぬ、

自転車タクシー。

数のほうはそこそこ。

雨の日は薦められない、、、



a0086274_23234260.jpg
「 ラクダバス 」 定員は180名?

運賃は5〜6円? 乗車率は120%?



a0086274_2325850.jpg街角ではこんな光景をよく目にした。

何処から引っぱり出したのか、

わざわざ椅子を外にだして、

たわいのない会話をしながら時を過ごす。

いつものように、、、


a0086274_23235885.jpg「 娯楽はどうなのだろう? 」

そんなことを考え始めていた矢先、

こんな光景を目にした。

昔なつかしのテキ屋だ。


a0086274_23242740.jpg

ドミノはキューバでは大衆ゲームの王様だ。

家族や友達が集う一時でもある。

それは子供から大人まで、、、


a0086274_23245336.jpg
釣り人も多い。

釣れれば食料にもありつけるとあって。

一石二鳥の趣味なのは何処でも同じ。


a0086274_2328388.jpg夕方にもなれば、

何処からともなく子供たちが現れる。

サッカー、野球、ローラーブレード、、、

あっという間に旧国会議事堂前は、

プレイ・グランドに早変わり。








[PR]
by hitoshi280477 | 2006-11-19 23:26 | Cuba

CUBA - vol.8 キューバあれこれ 「 人々 」

a0086274_10332540.jpg


人々は総じてフレンドリー。

もちろん、親切でもある。

結構さっぱりもしている。

でも、短い出会いの中に、

人としての温かみを感じることは多々あった、、、




a0086274_10333526.jpg競争の少ない社会主義の生活だからか、

なんだかゆったりとしている。

話をしていて、感じるのはまずそこだ。


もちろん皆が皆、

そういうわけではないのだけど、、、




a0086274_10334639.jpgキューバはそこそこ人種が混じっている。

もともとここに暮らしていた人々、、、

旧宗主国であるスペインからやって来た人々、、、

西アフリカから連れてこられた人々、、、

そして、その混血、、、


でも、それが今日のキューバ人。


ここの人々を見て感じたことは、

皆がその人柄を表す「 顔つき 」をしていること。

良くも悪くも、、、
[PR]
by hitoshi280477 | 2006-11-19 09:48 | Cuba

=== ひと === vol.21 「 朝の一杯 」

a0086274_9212369.jpg


まだ薄らと朝靄が残っている早朝。

部屋の眼下に広がるダルバール広場は、

人々の生活音でにわかに活気づいてくる。


生活する人々の雑踏はもちろんのこと、

そこを往来するサイクルリクシャーの姿、

ずっと鳴り続く「 ガネシャ 」を訪れる鐘の音、

そんなことが、朝の到来を告げるが、、、


近くのパン屋で2つ3つ買ってきて、

この「 ダルバール劇場 」前に座る頃には、

いつもの優しい笑顔が、

いつもの美味しいチャイを運んで来てくれる。

毎朝、、、


ネパール、カトマンドゥ。  2002年7月。
[PR]
by hitoshi280477 | 2006-11-19 09:32 | === ひと ===

=== ひと === vol.20 「 一期一会の茶会 」

a0086274_97636.jpg


「 お〜い、お茶でも飲まないか? 」

コルラをしている時に、

そんな声が聞こえてきた。


チベットの奥深く、

珍しく中国人が誰もいない、

小さな村での出来事。


部屋に招かれると、

僧たちはテキパキと「 プゥジャ 」、いわゆるチベット茶を振る舞ってくれた。

聞いていた通りに、、、 

しょっぱさと脂っこさのするお茶だ。


少し飲んでは、

少し注がれる。

少し飲んでは、

少し注がれる。

杯の底が見えることない。

これが、チベット流。


それは小洒落た作法なんかじゃなくて、

「 来客の再訪を待っている 」という気持ちの表れらしい、、、


ここに来るのに、大きな街から数日かかった、、、

ここがどれだけ人里離れた所か、

それを知っての言葉なのかもしれない。


チベット、。2002年5月。
[PR]
by hitoshi280477 | 2006-11-19 09:15 | === ひと ===