<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

OKINAWA-2009   宮古島・石垣島・西表島・小浜島・竹富島


a0086274_1295276.jpg

「 旅先ノ 大型タイフ〜 大嫌イ 」

2009年9〜10月の旅話


(仮のお題)

Day-0 9月某日 「 沖縄に行きたひっ ー 下準備編 」

Day-1 9月29日 「 羽田発〜石垣島経由!?〜宮古島着♪ 」

Day-2 9月30日 「 蒸し暑さでダラダラ三昧。 しかし、旅は始まって、、、 」

Day-3 10月1日 「 念願の宮古島の海 by シュノーケルツアー 」

Day-4 10月2日 「 レンタカーで宮古島を巡る → 石垣島へ移動 」

Day-5 10月3日 「 なぬ? 西表島行きの船が欠航? → 小浜島+竹富島へ 」

Day-6 10月4日 「 台風17号と18号!? 」

Day-7 10月5日 「 レンタカーにて石垣島を巡る 」

Day-8 10月6日 「 やる気がでないんですよ、、、 それでも、街に行ってくるさぁ 」

Day-9 10月7日 「 無茶がある? ONE DAY IN 西表島 」

Day-10 10月8日 「 不完全燃焼のまま、、、 出発の時 」
[PR]
by hitoshi280477 | 2009-10-06 20:35 | 宮古・石垣・西表

Day-4 10月2日 「 レンタカーで宮古島を巡る → 石垣島へ移動 」

a0086274_11531253.jpg
 三泊したゲストハウスも今日で出発。 その三泊をひょんなことからご一緒することになったGREGOR夫妻。 記念写真を一緒に撮ったその訳は、、、

 スイスからやってきたという彼らは、2年前に北海道にスキーインストラクターとして出稼ぎにやってきていて、その時にすごく日本を気に入り、今回は「 南を攻める 」ということでやってきたそうなのだ。 石垣島とその周辺に行った後に、この宮古島まで船で来るつもりだったらしいのだが、、、 実はこの船は数年前に運行休止になってしまっているのだ。

 宮古島の空港に到着した時、明らかに困っている彼らを見かねて話しかけてみると、どうやら宿を確保していないとの事。 日本語も分からず、夜の到着なのに宿の確保もしておらず、その上観光案内所も閉まっているとあれば、、、 助けの手を差し伸べないわけにはいかないね。 日本に来てくれている外国人旅行客様だし、自分も過去散々人のお世話になってきたお陰で旅をしてこれたのだから、、、

 そんな彼らも今日出発。 レンタカーを取りに宿を先に出たのだが、、、 ( そういえば、あの橋を見たいと言っていたよな、、、 )と思い出し、借りた車でそのまま宿に戻り、部屋まで押し掛けて誘い出す事に、、、 まぁ、そんなんがお互い個人旅行の醍醐味ではある。


a0086274_11532851.jpg
 池間大橋の袂。 一昨日と違い、今日は宮古島側から池間島方面を臨む、、、 壮観じゃ。

 その後、二人を空港まで送ってお見送り、、、 なんだか少し寂しい気持ちに。 まぁ、三日三晩一緒だったから。

 空港を出て、目指すは宮古島一周! ならぬ半周、、、 ルートは東海岸〜南回り〜西海岸を夕方のフライトまでに!


a0086274_11533915.jpg
 吉野海岸。 評判の良い海岸ではあるので、行ってみたかったのだが、、、 やはり車以外では現実的にアクセスは難しいので、今日になってしまった。

 使い慣れないナビを駆使し、農道を抜け(道が分からんかった、、、)やっとの思いで辿り着いた吉野海岸。 びっくりしたのは、その現場。 観光地だけにしょうがないのだろうけど、まずは有料駐車場に停めなくてはいけなくて、そしてそこで送迎バスみたいのに乗り換えなくてはいけない。 もちろんシュノーケル器材のレンタル料も弱冠高い、、、 まぁ、商売だからそれはしょうがないけど。 ビーチにはその送迎バスで行かないと、下には駐車場がなくて自分が困るのみ、、、 ん〜。

 海はこんなに綺麗なのにね〜。 日差しが強過ぎることもあって、スノーケルは回避、、、 ということに。


a0086274_11535299.jpg
 場所を変えて、島の一番東にある岬、、、 への道中。

 駐車場から見所の灯台までは少し距離があり、その道中、海側には青い空が広がっていて、水平線を臨む事が出来、その眼下には奇岩がたくさん転がっている。 荒々しい景観でもあるが、どこか京都にあるような日本庭園のような感じにも見受けられる。 気のせいか、、、

 それにしても、日差しがキツいので、日陰のない道中は短いながらも小走りせずにはいられないほどだ。 日傘を手に観光するおばちゃんたちがえらく賢く思える、、、 それとは別に、観光名所ならではの人力車もあって、乗る観光客のほうは良いが、人力車を引く男の方はもう汗だくだく、、、 

a0086274_1154520.jpg
 東平安名崎。 なんと読むのが正しいのが分からんが、ここが宮古島の最東端である。 ちなみに、ここの景観は日本百景にも選ばれている。 さすがにそれだけのことはある、見事な景観が広がっている。 沖縄らしい大きな青い空と、透き通るような綺麗な海のお陰か、、、


a0086274_11541866.jpg
 宮古島も至る所に道路が走っていて、そのお陰で島を一周する事が出来る。

 その道路沿いでは宮古島の自然のままの姿を伺い知る事も出来るのだが、、、 いわゆる南国の島のそのままの姿。 しかし、道路が出来れば、それ以上のインフラ整備が進んで行くのが常の世の中。 風力発電なんかもしているようですな。

 道路が出来ることによって人々の生活は良くなるのだろうけど、ここなんか見るからに野山を切り開いて作っている道路ですよね。 うまくバランスをとってやっていると良いのだが、、、


a0086274_11543246.jpg
 お昼に立ち寄ったのは素敵なカフェ。 例の無料観光案内に載っていて、車を借りる事に決めたら行ってみたかった処。 なんだかとっても雰囲気の良い外観♪ やっぱりシーサーもいます!


a0086274_11545592.jpg
 そこで、お昼に選んだのは、、、 「 ステーキ丼♪@¥1050 」。

 これがなかなかボリュームもあって、美味。 牛は宮古島牛とのことでした。

 将来的にはこんなお店をやれたらいいなぁ、、、 とか思うんだよね。 将来的に。。。


a0086274_1155857.jpg
 某展望台からの眺め①

 来間大橋@1690m。 これのお陰で宮古島とこの来間島との間を行き来出来るのだ。

 残念ながら、景観は池間大橋の方が良いかな、、、 

a0086274_11553071.jpg
 某展望台からの眺め②。

 青い空、白い雲、透き通るような海。

 完璧な自然のコラボレーション、、、 いつまでも見ていたい。


a0086274_1155461.jpg
 大輪のハイビスカスの鮮烈な赤が、青い空に良く映える。


a0086274_1157237.jpg
 夕方には宮古島空港に到着。

 あっという間の3日間、、、 それでもやっぱりいろいろあったなぁ。

 さぁ、いざ石垣島へ! 正味30分のフライトだ、、、
[PR]
by hitoshi280477 | 2009-10-02 11:52 | 宮古・石垣・西表

Day-3 10月1日 「 念願の宮古島の海 by シュノーケルツアー 」

a0086274_11434625.jpg
 念願の宮古島の海にやってきた。 沖縄の海は何処も素晴らしいと聞いていたが、中でも宮古島はとびきり綺麗なのだそうだ。 さぁ、再び美ら海へ!

 本当は宮古島(正確にはこの池間島)の北部にある八重瀬干(やびじ)と呼ばれる有名な珊瑚礁群があって、そこに行きたかったのだが、、、 なんでもなかなか行けないそうだ。 というのも、島からは5Kmほど沖合にあるので、風があると波が立ち、小さな船で行くのは難しいとのこと。 普段は水面下にある珊瑚礁も、干潮時には海面に上がってくるほど浅瀬に珊瑚礁が存在しているのだ。

 お世話になったのは昨日訪れたアクアベースさん。 ダイビングショップではあるが、シュノーケリングツアーもやっている。 しかも、なんだか既に値引きしてくれたし♪ ポイントまでボートでわずか10分足らずというのも驚きだ。


 ただ! 静かに見える水面も、船の上となれば話は別。 明らかに波はほとんどないように見えたのだが、、、 海上に出ると結構揺れるんだコレが。 こちらは全員ウェットスーツを着てスタンバイしているのだが、ポイントまでは浅瀬にある珊瑚をかわして行く為に右に左に蛇行運転、、、 しかも、しかも! 強い日差しが我々をっ苦しめるっ! 結果として、ポイント到着までに酔ってしまう人も多少あり、、、 船に乗り馴れていない人にはキツいよね。 まぁ、自分もどちらかというと酔い易いけど。



 そして、、、

a0086274_1093280.jpg
 やはり、、、


a0086274_1010789.jpg
 海の中は、、、


a0086274_10111463.jpg
 素晴らしい!!


a0086274_10123164.jpg
 眼下に広がる水中世界。 その景観はやはり素晴らしくて、何処か胸を打つ。

 きっと遥か昔からこんな世界が存在してるんだな〜なんて感慨深くなってしまう。

 

a0086274_11152498.jpg
 食事休憩の後、二本目のポイントへと移動。 少し島から離れたポンイトなのか、水面の色が濃い。

それにしても、空の色も海の色もこの上なく綺麗だ。 同じ「 青色 」なのだが、その色の違いははっきりと違っていて、「 スカイブルー 」なり「 エメラルドグリーン 」なりと表現するんだろうナ、、、 

 先程みたモコモコの白い雲とは違い、今度のは筋状の雲、、、 それはそれで美しい♪

a0086274_11154510.jpg
 そして、再び海の中。

 今では旧式モデルに当るデジカメと、プラスチックで出来ただけのハウジング(カメラを入れる防水ケース)なのに、ここまで綺麗に写し出すことが出来るというのは、やはり被写体が美しいからこそ。 

 察するに珊瑚礁は水深約5mくらいにあるのだが、5mmフルレングスのウェットスーツに、防弾チョッキ並みの救命着、、、 救命着? なんでスユノーケルするだけなのに、救命着? この二つのせいで、浮力が有り過ぎて、水面から体が胸元まで浮いてしまう!

 しかも、これで海中を覗く姿勢をとると、、、 有り余る浮力のせいで肺やら胃やらが圧迫されて、気持ち悪くなることこの上なし! それでも、安全上はしょうがなく、ショップサイドからは「外して良し」とは言えないのだそうだ、、、 まぁ、勝手に脱いだけど♪

a0086274_1116874.jpg
 防弾チョッキならぬ救命着を脱いだことにより、かなり素潜りがし易くなった。 それでも、5mmフルレングスの浮力はあるが、、、

 これでやっと少しは珊瑚や魚の近くで写真を撮ることが出来ることに。 んで、ニモ(カクレクマノミ)なのか、それともただのクマノミなのかが分かるように、、、

a0086274_11163062.jpg



a0086274_11164967.jpg



a0086274_11171350.jpg



a0086274_11173482.jpg
 やはり海の中の世界は素晴らしい♪ 海面からは決して見ることの出来ない場所に、こんなにも美しい景観と多様な生物が生きているなんて、、、

 以前の肺の病気のせいで、もうダイビングは限りなく難しいし、するつもりもあんまりないけれど、機会を得て海の世界を覗き見しないとね。

 なんだか陸上の世界だけで物事を考えてしまいがちだが、ここも地球の一部であり、昨今話題になっている地球温暖化の影響なんかを考えたり、普段の生活の中にも啓発される部分があると思うし。

 
[PR]
by hitoshi280477 | 2009-10-01 11:42 | 宮古・石垣・西表