Alaska vol.1 「 NRT~LA~SEATTLE~ANC 」

a0086274_1731810.jpg
NRT~LAは定番になりつつある大韓航空KE001便。 安いからね。

9月1日付けで少し航空券が安くなる事を知っていたから、タイミングを待って購入。

しっかし、航空券代が3.6万円なのに、追加燃料費が4万円とは、、、

それでも、6月中に購入した為、7月入りしてから購入するよりは追加燃料費も抑えることが出来た。

ちなみに、7月以降に同じ航空券を購入すると追加燃料費は、、、 4、8万円!

新たに11000マイルGETと、機内食の中ではもっとも好きな「 ビビンパ 」にご満悦♪


a0086274_1733042.jpg今までに何度立ち寄ったか分からなくなりつつあるLAX、、、

巨大なパーキングロットのすぐ上空には着陸態勢の飛行機が飛んでいる、、、

空港~パーキングロットCをシャトルバスで移動して、庶民の足であるバスで街まで。

アメリカの路線バスは本当に貧乏人の乗り物だ。 限りなくホームレスに近い同乗者たち、、、

始発に遅れてきた運ちゃんは、更に10分小休憩、、、 サービス精神などあるわけがない。

まぁ、タクシーやシャトルバスなら数十ドルするところを、$1.25なのだから、その辺は我慢。


a0086274_1734986.jpg
乗り継ぎ一泊だけのモーテルへ、、、 motel 6

LAX周辺の宿としては比較的経済的なほう。 ネット予約で$63+くらい。

が、外税が$8ついた、、、 日本円にすると900円! アメリカは税金が高い、、、

なんともいえないほどの質素な造り。 まぁ、安いからね、、、 一泊だけだし。

後で判明したことだが、やっぱり空港への無料送迎バスが存在した。

「 やっぱり 」というのは、空港にある宿案内の電話が使えなかったから、確認できなかったのだ。


a0086274_174237.jpg
昼飯

タコスのセット $6くらい

メキシカン・フードは大好き♪

a0086274_1741939.jpg
晩飯

ホットドッグ@7-11 全部で$5くらい

基本的に、アメリカン・ジャンクフードは好き♪

a0086274_1743466.jpg
翌朝5時の送迎バスで再びLAXへ。 夜勤明けと時差ぼけで頭の中は半ば崩壊、、、

思っていたよりも簡単だった搭乗手続き+セキュリティチェック。 靴がスキャンされるのも今ではお馴染み、、、

アメリカはやはり「 人種のるつぼ 」。 こんなとこでさえも、その多様な民族性を感じる。

a0086274_1744823.jpg
約2時間半のフライトでシアトルへ到着。

空港はまるでショッピングモールのような感じ?

もちろん定番スターバックスカフェの姿も、、、

a0086274_175771.jpg
その後、3時間半かけてでアンカレッジへと向かう。

アラスカ航空のシンボルは「 エスキモーのおじさん 」とのことなのだが、、、

拠点としているシアトル空港では、そのおじさんの顔がうじゃうじゃしている、、、 笑。

a0086274_1752395.jpg
「 最悪のYH 」と評されるアンカレッジのダウンタウンにあるYH。

$25という破格の値段と、立地に負けて行ったのだが、、、 やはり最悪レベル。

そもそも宿の出入り口+各部屋に全く「 鍵 」がないというのが驚き! 誰でも侵入出来るじゃん!?

a0086274_175425.jpg
「 空っぽ 」という印象のアンカレッジのダウンタウン。

観光客用のホテルやお土産物屋、旅行代理店以外に大したモノは何も無い、、、

近くのスーパーまでさえも歩いて30分ほどかかった。 コンビ二もねぇ!

a0086274_1755511.jpg
「 TERIYAKI BOX 」という名のなんちゃって日本料理店。

韓国人らしき人物が経営しているが、この際関係ない、、、

なにせ他にまともな選択肢がないのだからっ! 正直、助かる、、、

a0086274_1761136.jpg
このお店の定番(=無難な)メニュー「 テリヤキチキン・プレート 」は$8.50。

味はともかく、量は充分過ぎるほどだった。 もちろん完食。

危うく5食連続ファースト・フードになるところだったよ、、、 まったく。





Copyright (C)  HITOSHI KITAMURA All Rights Reserved.

[PR]
by hitoshi280477 | 2008-09-02 16:44 | Alaska
<< Alaska vol.2 「 ... Alaska vol.0 「 ... >>